角がとれたタンニンが、なんとも心地良い!

テイスティング・メモ4
シャトー・カマン’10(赤・仏・ボルドー地方・ミディアム)
レーズン、オークやヴァニラなど樽からの香ばしい香り。柔らかく丸みのある口当り。優雅な風味が口の中で広がりる。滑らかな渋味が感じられ、ボルドーワインらしい奥行きのある味わい。
角がとれたタンニンが、なんとも心地良い!メルロー種主体。7代目オーナーのカール氏とラファエル氏。

20170912_1 20170912_2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする