イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」解禁!

イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」が10月30日に解禁となりました。フランスのヌーボーは11月の第3木曜日が解禁のため、イタリアの方がかなり早い解禁です。昨夜、早速飲みました!
フルーティーな口当りで、完熟したブドウ本来の果実味がたっぷりと詰まっています。渋みは軽めですが、凝縮した果実感がすごいです!希少なマルケ州の土着品種ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ種の影響でしょう、開栓するやいなや、ベリー系果実やバラを思わせる華やかな香りが立ち込めます。おいしさのあまり、一晩で一本開けてしまいました。在庫残り少なくなりましたが、ボージョレ・ヌーボーよりも一足お先に、旬のワインを楽しみませんか?

 

毎月第1土曜日の試飲会

本日、毎月第1土曜日の試飲会。暑い中、また天候不順の中、ご来店誠にありがとうございました。
②どこかほんのり甘みが感じられるのが優しく飲みやすいドイツ辛口リースリング、⑤こなれた渋みの南仏の自然派ガザック・アルバラン、⑥骨格のあるキャンティ・クラシコ、が好評でしたが、⑦プロヴァンスのリショーム・トラディションは別格の味わいでした。ミルク感たっぷりで滑らかな青カビチーズ「ブルー・デ・コース」が良く合いました!その他、チーズケーキのような味わいのチーズ「ホワイト・スチルトン・アプリコット」「ホワイト・スティルトン・ブルーベリー」入荷しました。

ワインスクール 初級コース22期生 参加者募集

「楽しみながら学ぶワインスクール」初級コース22期生 参加者募集中です! 2018年10月スタート。 初めに30分ほどの講義をお聞き頂いた後、ワインのテイスティングをしながら、料理をお召し上がり頂くという内容です。詳しくは http://e-doi.com/wineschool/ ご参加お待ちしております!

毎月第1土曜日の試飲会

本日、毎月第1土曜日の試飲会。暑い中、多くの方のご来店、誠にありがとうございました。
グッと冷やしたスッキリ辛口のロゼが人気でした。この暑い季節に飲むロゼ、おいしいんです!果実味凝縮した自然派セギュレ・ルヴァン赤(ジャン・ダシット)も大好評でした。

お昼のワインスクール

昨日、第3金曜 お昼のワインスクール。白はモルドバ、仏アルザス、独モーゼルのリースリング種のみ比べ。赤はルーマニアと仏アルザスのピノ・ノワール種を開けました。東欧のワインを飲む機会少ないですが、安くてパフォーマンスいいものが多いです。アルザスはやっぱり旨味詰まってます。

角がとれたタンニンが、なんとも心地良い!

テイスティング・メモ4
シャトー・カマン’10(赤・仏・ボルドー地方・ミディアム)
レーズン、オークやヴァニラなど樽からの香ばしい香り。柔らかく丸みのある口当り。優雅な風味が口の中で広がりる。滑らかな渋味が感じられ、ボルドーワインらしい奥行きのある味わい。
角がとれたタンニンが、なんとも心地良い!メルロー種主体。7代目オーナーのカール氏とラファエル氏。

20170912_1 20170912_2

天文学者 カッシーニの

テイスティング・メモ3
カッシーニ・サンテミリオン/シャトー・カッシーニ(赤・仏・ボルドー地方・ヘヴィ)
何と!オーナーのアルノー・カッシーニ氏は、土星の衛星を発見するなどの功績を残した天文学者ジャン・ドミニク・カッシーニ氏の子孫。
ボルドー地方の中でも、メドック地区と双璧をなす高級赤ワインの銘醸地「サンテミリオン地区」。タンニンは非常に細やかで、とても滑らか~な質感。熟した赤い果実のピュアな風味がゆったりと心地良く広がる、調和の取れたエレガントな1本。

20170909_1

言わずと知れた自然派ガサック

テイスティング・メモ1
ル・マズリエ・ピノノワール/ムーラン・ド・ガサック(赤・仏・ラングドック地方)
言わずと知れた自然派ガサック。チェリーやイチゴを思わせる赤い果実の香り。フルーティーで優しい口当り。渋味は柔らかく、心地良い酸味が上品さを与えている。ミディアムボディ

20170906_1